実はキャンプで一番重要なアイテム「椅子」

みなさんこんにちは(^.^)

キムラキャンプトーキョーのキムラです

1月も中盤に差し掛かり、キムラはどこにキャンプに

いってやろうかなぁ~と日々ニヤニヤしております。

その楽しいキャンプの中で、

長時間自然の中で

心身ともに癒される場所で、

必ず必要な快適アイテム、

それが

「椅子」「チェア」

です。

これは1泊2日のキャンプの中で、

楽しい時間になるかどうかの

8割は椅子で決まるのではないかと、キムラは思います。

まったりする事がメインのキャンプの場合、

「椅子に座っている時間がかなり長い」

と思うんです。

まず、地面に座っているだけだと、

「必ず腰が痛くなります」

「地面が濡れている場合もくつろげない」

とにかくキャンプでくつろぎたい方は

木村がオススメするキャンプチェアを検討してみてはいかがでしょうか?

「オススメキャンプチェアその1」

アディロンダック リラックスキャンパーチェア
(クリックするとサイトに飛びます)

こちらは完全にくつろぎたい方用です

背もたれが少しだけ後ろに傾斜してますので、

深めの角度で、寝れちゃいます。

難点は

寝れる角度になると、テーブルで調理する時に

よっこいしょ!と起き上がらなければいけないので、

テーブルの物を取るときに少しだけ面倒です(笑)

ですが、

寝れます(笑)

焚火もくつろいで楽しめます。

あと、

持ち運びには適していませんので、

車に積んでいく方はとてもいいですが、

バイクに積んでいくには長さがありすぎますね(^_^;)

「オススメキャンプチェアその2」

ヘリノックスチェア マルチカモ
(こちらもクリックすると見れます)

こちらはとてもコンパクトになります

リュックに入ります

身長179㎝の木村がすわるとこんな感じ

すこし背もたれが低いですが、

どこでも持って行けて、とても便利です

コンパクトな分、ちょっと大柄な方は小さい感じになるのと、

とても軽いので、風が吹いたりすると、飛ばされます(笑)

ですが、どこにでも持って行ける携帯性の良さは格別です(^.^)

次回は

こちらの2つのチェアを実際に車に積んだ時のサイズ感や、

コンパクトになるチェアの組み立て方、

などをブログに書いて行こうと思います!

ではでは(^.^)/~~~

ついでに(^.^)
ワタクシ、世田谷区経堂で美容室をやっております♪
hair&make yucaci(ユカシ)
キャンプ好きな方、是非♪

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場が好きなキムラの5つの理由

 

 

 

こんにちは

 

 

 

 

 

キムラキャンプトーキョーのキムラです⛺

 

 

 

 

 

さてさて、前回ペグの打ち方講座ブログをかきましたが、

 

 

 

 

前回の記事はコチラ

 

 

 

 

後半なぜか

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の良さを軽く書いてしまい

 

 

 

 

 

もっと詳しく良さをおしえてくれぃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで見た事ある人もいるかな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

との事でしたので、

 

 

 

 

ポイントを5つにまとめてお伝えしますね(^.^)

 

 

 

 

間に朝霧でキャンプしたときの写真も載せてますので♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は

ここがオススメポイントその1

 

 

 

 

 

 

 

とにかくチェックイン、チェックアウト時間が長い!

 

 

 

 

 

木村は1泊2日しかキャンプをしませんので、

 

 

 

 

 

どうしても、チェックイン時間が早いキャンプ場を選びがちです

 

 

 

 

 

だって、

 

 

 

 

早くビールが飲みたいんですもの(笑)

 

 

 

 

 

曜日や繁忙期によって多少時間が変わりますが、

 

 

 

 

 

朝9時からチェックインできるのはこれまたすごい事なんですよ

 

 

 

 

 

他のキャンプ場だと、前のお客様が帰ってから、

 

 

 

 

 

近辺を掃除して、お迎えするので、どうしても11時や、12時

になってしまうんです、これはしょうがないですもんね。

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーはだだっ広いので、

 

 

 

 

9時に来ていいよ!

 

 

 

 

 

という事で、とても助かります。

 

 

 

 

 

最速10時にビール飲めます(笑)

 

 

 

 

 

キムラは一応ルールを設けて増して、

 

 

 

 

 

「テントを設営する前に酒は飲まない」

 

 

 

 

 

というルールにしています。

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

「酒をのんじゃうとテント建てるのめんどくさくなるから」(笑)

 

 

 

 

 

きちんとテントを建てて、テーブルとイスをセッティングして、

乾杯できる準備をしてから一杯ですね♪

 

 

 

 

 

ここがオススメポイントその2

 

 

 

 

半端ないサイトの広さ

 

 

 

 

 

こちらの画像をご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた公式サイトから引用(引用しまくります)

 

 

 

 

 

(※全サイトで約350サイト区画可能ですが、広々とご利用いただくため、1日に約200サイト(約800~1000名)迄とさせていただきます。)

 

 

 

 

 

 

1000名!!

 

 

 

 

 

同時に1000人収容できるキャンプ場もなかなかありません。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

その1000人収容できるキャンプ場とは言え、

 

 

 

 

 

平日は

 

 

 

 

ガラガラ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日の昼間です

 

 

 

 

この場所は

 

 

 

マップの

 

 

 

 

 

「広場」という所です

 

 

 

 

 

平日の火曜水曜で行きましたが、

 

 

 

 

 

なんと4組しかいません(笑)

 

 

 

 

 

これぞ平日キャンプの醍醐味ですね

 

 

 

 

 

 

 

ここがオススメポイントその3

 

 

 

 

水道水がすべて天然水

 

 

 

 

 

また抜粋します(笑)

 

 

 

 

富士山の天然水です

 

 

 

 

これ、都内では買わないと飲めない水です(^.^)

 

 

 

 

 

朝のコーヒーや、

 

 

 

 

 

美味しい鍋をするのも天然水

 

 

 

 

 

焼酎の水割りやお湯割りも天然水

 

 

 

 

 

歯磨きも天然水(笑)

 

 

 

 

 

僕は帰りにタンクに積んで帰ります

 

 

 

 

 

M-9542 ボルディー ウォータータンク CAPTAIN STAG 30978763

10リットル(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

まぁだいたいキャンプ場は郊外にありますので、水は美味しいと

 

 

 

 

 

思いますが、こうやって公式に表示してるのは

 

 

 

 

 

なかなかありません。

 

 

 

 

 

ここがオススメポイントその4

 

 

 

 

これ重要です、「全てが水はけのよい天然芝」

 

 

 

 

 

 

 

またどこかで見たような人が(笑)

 

 

 

 

 

 

富士山のふもとは水はけが良いので、いつでも乾燥してる

訳ではありませんが、比較的心地のよい状態で

キャンプができます。

 

 

 

 

 

これ以外と重要です♪

 

 

 

 

 

 

泥だらけになってると、意外とテントや、車が汚れたり、

 

 

 

 

 

びちゃびちゃして気持ち悪かったりしますから(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

11月の朝霧ジャンボリーは朝霜が降ります(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがオススメポイントその5

 

 

 

 

何て言っても「絶景の富士山」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ場受付前の道

 

 

 

 

早朝の富士山

 

 

 

 

 

 

何度も登場、数組しかいない広場の富士山

 

 

 

 

 

 

これは現場に行った人しかわかりませんが、

 

 

 

 

 

 

 

椅子に座って眼前の富士山をみながら一杯

 

 

 

 

 

 

夕暮れ時の富士山(ちょっと赤くなります)

 

 

 

 

 

 

早朝の済んだ空気の富士山

 

 

 

 

 

 

 

何回見ても雄大ですね

 

 

 

 

 

 

 

しかし、毎回みれるわけでもないんです。

 

 

 

 

 

 

山の天気がコロコロかわるので、

 

 

 

 

 

 

1日雲りなんて日もあります。

 

 

 

 

 

 

なので、快晴で見れた日は更に気持ちが上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

****他のキャンプ場でも富士山は見れます****

 

実際近隣でふもとっぱらキャンプ場というだだっ広い平地の

キャンプ場もあるので、そちらでも見れますが、

あくまで総合的にキムラは朝霧ジャンボリーが好きなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも

 

 

 

 

大人の秘密基地

 

 

 

 

あるはずのない場所にくつろぎスペース

 

 

 

 

 

外飯3割増し

 

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーというか

 

 

 

 

こういうステキな場所でキャンプしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は食べてる途中のほうとうで(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回をお楽しみに~

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに(^.^)

 

ワタクシ、世田谷区経堂で美容室をやっております♪

hair&make yucaci(ユカシ)

キャンプ好きな方、是非♪

 

誰でも分かるペグの打ち方講座 からのオススメキャンプ場

こんにちは(^.^)

 

 

 

 

 

更新怠けました(笑)

 

 

 

 

 

さて、巷では空前のキャンプブームが到来しておりまして、

 

 

 

 

 

キムラも6年前に友人に教えてもらってから

 

 

 

 

 

今では年10泊以上するまでになりました(^.^)

 

 

 

 

 

 

ですが、まだまだどこのキャンプ場でも完全に安全にできたか

どうか分からない、

 

 

 

 

ペグの打ち方

 

 

 

 

 

ペグ、、、、

 

 

 

 

ってなぁに?

 

 

 

 

という方に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これです!

 

 

 

 

 

 

いわゆる

 

 

 

 

 

「鉄の棒」です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

テント等を地面にロープで固定する時に使う棒です

 

 

 

 

 

 

 

これがないと

 

 

 

 

 

まずテントが倒れます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

強風で倒壊します(笑)

 

 

 

 

 

 

そして、キャンプをしていく中で、

 

 

 

 

 

いろいろな方のペグの打ち方を見てきましたが、

 

 

 

 

 

 

僕もですが、

 

 

 

 

 

安全じゃない打ち方をしている方もちょっと見受けられました(^_^;)

 

 

 

 

 

 

あ~あいつのペグは下手だなぁ~

 

 

 

とイジるわけではなくて、

 

 

 

 

 

風がきたら倒れちゃうからまたやり直しになったら大変

だろうなぁ~って思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは昔、

 

 

 

 

なんとなく理科で習った感じ(実際はよくわかりませんw)

 

 

 

 

 

 

だと思いますので、

 

 

 

 

 

 

いきなり写真を載せます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますでしょうか??

 

 

 

 

 

 

①地面に対して垂直にテントは建っている

 

 

 

 

②固定用のローブを地面に対して約45度に下ろす

 

 

 

 

 

③45度に下ろしたロープに対して90度にペグを打つ

 

 

 

 

 

これだけです(笑)

 

 

 

 

 

ロープをテントから引っ張ってきて、

 

 

 

 

 

戻ろうとする所にペグをストッパーとして地面に打つ

 

 

 

 

という事です

 

 

 

 

 

これを

 

 

 

 

よく大学生の楽しそうなグループで(実際うらやましいw)

 

 

 

 

 

悩みながらペグを打っている方達に良くあるパターンが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この図の右側ですね♪

 

 

 

 

地面にまっすぐぶっ刺してます

 

 

 

 

これは

 

 

 

 

風が吹いたりして力がかかっちゃうと

 

 

 

 

 

 

すっぽ抜けます

 

 

 

 

 

 

しかも!

 

 

 

 

 

 

 

ロープと一緒にすっぽ抜けるので

 

 

 

 

 

 

引っ張られたロープの戻る力と一緒に反動で

 

 

 

 

 

ビョ~~~ンと勢いよく戻るので

 

 

 

 

 

 

結構危ないんですよ、これが。

 

 

 

 

 

 

ペグの先端が尖っていますので、

 

 

 

 

 

これは絶対気をつけたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

あと、お求めやすいテント等に入っている、

 

 

 

 

 

付属のペグ。

 

 

 

 

 

こんな感じで結構曲がったり、簡易的に作られてるので、

 

 

 

 

 

すぐダメになっちゃいます

 

 

 

 

 

 

ので、

 

 

 

 

 

 

 

こういうペグだけ別売りで買っておくと心配ないです

 

 

 

 

 

鋳物の鉄製なので、

 

 

 

 

石に当ててハンマーでたたくと、

 

 

 

石が割れます(笑)

 

 

 

 

 

 

せっかくキャンプ場にきて、テント設営しようと思ったら、

 

 

 

 

 

ペグが折れたら嫌ですもんね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、ペグだけでダラダラ書いちゃいましたけど、

 

 

 

 

 

 

 

自然の中に基地を作るとなると、

 

 

 

 

 

天候に左右される場合が結構ありますので、

 

 

 

 

 

 

ペグは6本くらい別売りで買っておくと安心です(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木村が使っているとりあえず持っておいて損はないペグはこれ

 

 

 

 

ほかにもいろいろなペグがありますが、

 

 

 

またの機会に~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

 

2019年、木村が10数泊した中で、

 

 

 

 

 

 

比較的自宅のある関東近辺で

 

 

 

バランスの良いキャンプ場とおつたえるするとしたら、

 

 

 

 

コチラがいいのでは?と思う所1つお伝えします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場です~

 

 

 

 

 

 

 

まぁとにかく、場所によりますが、

 

 

 

 

 

 

富士山が目の前!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料で使える水道は全部天然水なので、美味い!

 

 

 

 

 

 

 

 

平日というのもありますし、ここの場所が特別広いってのもありますが、

 

 

 

 

だだっ広い中で好きなだけ場所を使えて、なおかつ

 

 

 

オートキャンプ場なので、車で乗り入れ可能なのが、良い!

 

 

 

 

 

 

チェックイン・チェックアウト

受付(チェックイン・アウト)の詳細は以下の通りです。時期などにより、時間 や受付の場所が異なる場合がありますので、ご注意下さい。

チェックイン チェックアウト
オートキャンプサイト(フリーサイト) トップシーズン営業日 9:00~17:00 8:00~12:00
上記以外の平日 8:30~17:00 8:00~16:00
上記以外の土日祝日 8:00~17:00 8:00~16:00
電源サイト 通年 13:00~17:00 8:00~12:00
プレミアムサイト 通年 13:00~17:00 8:00~10:00

※通常期の最終チェックインは17:00です。

 

(オフィシャルサイトから抜粋)

 

 

 

 

キムラは平日に1泊2日でしかキャンプに行かないので、

 

 

 

できるだけチェックイン時間が早いほうが助かります。

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーはなんと8時台からキャンプ場に入れるし、

 

 

 

 

次の日は16時までに出ればいいのです!

 

 

 

 

 

 

もうちょっと遅めの

 

 

 

 

11時チェックインの場所も結構ありますが、

 

 

 

 

11時チェックイン→移動→荷物おろす→テント設営→昼飯

 

 

 

なんてやってると、13時になったりします。

 

 

 

 

あと、チェックアウトが10時の所もあるので、

 

 

 

 

 

起きたらすぐ朝ごはん、、、、

 

 

 

 

なんてのもあります。

 

 

 

 

 

 

運営上しょうがないのでうしょうが、そういう所だと

 

 

 

 

もっと連泊しないと忙しい(笑)

 

 

 

①高速で2時間くらい

 

 

 

②イン時間、アウト時間共にゆっくり

 

 

 

③眼前の富士山!!

 

 

 

 

④車で直接オートキャンプ!

 

 

 

 

⑤水道水は全て天然水!

 

 

 

 

 

言う事ないと思いますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝霧ジャンボリーキャンプ場ウェブサイト

http://asagiri-camp.net/

 

 

 

 

 

 

 

あ、あと、こちらのキャンプ場

 

 

 

 

年中無休、通年営業ですので、

 

 

 

 

一年中使えます(笑)

 

 

 

 

(天候や、イベント等で使用できない場合もあり)

 

 

 

 

是非とも行ってみてください!!!!!

 

 

 

 

ペグを買って(笑)